購入予定の乙女ゲー
下にあるものは大体攻略アップする予定です。

NOISE voice of snow カミル 攻略

りこ
(ぜったいに嫌……!)
(こんな時にぼーっとしちゃうなんて……)
(せっかく二つあるんだから、二人で食べたほうがいいよね)
(とりあえず見てみようかな)
(さっきの人みたいに嫌な感じはしないけど……)
(お兄ちゃんを探しにいく時間をつくれるように、早く慣れなきゃ)
(頼もしいな)
(なんだか、ちょっと嬉しいな)
「こっちのほうが落ち着くかな」
(やっぱり、珍しいものに見えるのかな……)
(やっぱり危険なお仕事なんだよね……)
「私も、あの言い方はよくないと思う」
(……でも、また助けてくれたんだ)
「半分、食べる?」
「……そうだね」
(アルお爺さんの知り合いみたいだし……)
「ふふ、そうですね」
(ウィズレイ様の側にいると、なんだか安心する……)
(悔しい……)
「セラ様の言い方には、私も嫌な気分になった」
「次こそは必ず成功させます」
「……無理しないでね、ロウ」
(セラ様を見返すチャンスだと思おう)
(セラ様が、こんなに感情を表に出すなんて……)
(それなら私も儀式を受けたい……かも)
「それじゃあ、お言葉に甘えさせてもらっても良いですか?」
(でも、せめて私なりの方法で皆を支えていきたい)
「ふふ、有り難うございます」
(ちょっと照れちゃうな……)
「いいえ、とっても素敵なお話でした」
「私……ちょっと見てきます」
(だからセラ様と違って安心できるのかも)
(もしかして心配してくれたのかな?)
レイムのことを話す
(それなら頑張らなくちゃね)
「えっと……はい」
「えっと……自室で休みますので」
(ロウの言い分は、もっともかもしれない)
「あの……私も一緒に行ってきます!」
「経験していないことで弱いか強いかなんて分からないよ」
(本当に破られないといいな)
「なら、それを目指そうよ」
(……でもギルフォード様には『血族』がいる)
共通Save
(なんて、本当はちょっと嬉しいんだよね)
「ロウ、あんまり無茶しちゃ駄目だよ?」
ジュースを買いに行く
銃を手に取る
SAVE1
「……嫌です」
「は、はい」
(なんだか寂しいな……)
SAVE2
(嬉しい、かもしれない……)
「勝手に決めないで」
 ↓
END19(ハッピーエンド)



SAVE2より

(なんて、そんなわけないか……)
 ↓
END20(バッドエンド)



SAVE1より

「そういえばダイオスのボスは……」
大人しくしている
「全然こっちを見てないみたいだった」
「いいよ、引き受ける」
(今回も冗談でよかった)
(忠告、なのかな)
 ↓
END21(バッドエンド)
りこ
Admin:りこ

最初は自分が再プレイする時用の備忘録としてブログを始めたのですが、いつの間にか結構長い間続いてました。

攻略記事に関して何かありましたら該当ページよりコメントいただけると嬉しいです。