購入予定の乙女ゲー
下にあるものは大体攻略アップする予定です。

死神と少女 その他シーン、トロフィー 回収

りこ
※全エンドとあとがきを見た後に回収しています

序章はじまり回収

最初から物語を開始(未読部分が終われば終了して構いません)



一章-結末2回収

メニュー画面のCHAPTERより一章を選択
言の葉は「太宰ともゑの姉」「真実」を選択して開始
『家族が心配しているから』
お昼に誘わない
気になっていたから
二人を無視して蒼に話しかける
承知しない
帰る
好き
妬いているのかと問う
何故、自分の名前を知っていたのか
蒼に会いに行く
声をかける
学校に案内する
湊に案内する
公園に案内する
住宅街に案内する
容姿を指摘する
趣味について
正直に言う
兄に事情を話す
この件について少し調べてみることにした
礼を言う
いいえ



夏帆-結末回収

メニュー画面のCHAPTERより三章を選択
言の葉は「宮沢夏帆」「友」を選択して開始
きっぱり断る
宜しく頼む
サンドイッチ弁当
切る
猫の手
片栗粉
遠慮する
食べさせてもらう
夏帆にお弁当作りを頼む
苦手
気にする
目を逸らす
いいえ
声をかける
いいえ
疑っている
女性のことについて聞かない
気にならない
とぼける
約束しない
はい



日生25-2回収

メニュー画面のCHAPTERより二章を選択
言の葉は「日生光(偽)」「詐欺師」を選択して開始

◆二章◆

声をかける
承諾する
いいえ
はい
いいえ
日生
何もしない
舐める
褒める
更に褒める
日生の意見に乗る
冷めるのを待つ

◆三章◆

やんわり断る
注意する
サンドイッチ弁当
切る
猫の手
片栗粉
そのまま口にする
遠慮する
断る
嫌いではない
気にする
会釈する
はい
声をかける
はい
考え込む
疑っていない
女性のことについて聞く
とぼける
約束する
はい

◆四章◆

手を繋ぐ
甘い物の方が好き
それ以外
はい
日生の事を考える
気になる先輩
兄に話さない
それでは駄目だ
お礼を言う
日生と付き合う
お祖母様
私を連れて逃げて
はい
いいえ
後を追いかける


四章37-2、六章03-1回収

メニュー画面のCHAPTERより序章を選択
言の葉は「死神」「相対」を選択して開始

◆序章◆

本を読み返さない
好き
素敵だと賞賛する
礼を言う
詳しく話を聞く
告白する
袴姿の青年を気にする
死神に関して質問する
冷静に対処する

◆一章◆

『貴方が心配だから』
お昼に誘う
反論する
会いたかったから
照れる
承知する
死神に会えた
話を続ける
心配をしているのかと問う
和服姿の男性との関係
蒼に会いに行く
声をかける
学校に案内する
湊に案内する
公園に案内する
住宅街に案内する
服装を指摘する
趣味について
正直に言う
兄に事情を話す
この件について少し調べてみることにした
礼を言う
いいえ

◆二章◆

声をかけない
断る
いいえ
いいえ
いいえ
ルイス
褒めない
日生の意見に乗らない
息を吹きかける
はい

◆三章◆

きちんと断る
注意する
おにぎり弁当
水で洗う
止めておく
猫の手
片栗粉
遠慮する
遠慮する
夏帆にお弁当作りを頼む
嫌いではない
気にする
目を逸らす
いいえ
声をかける
はい
考え込む
疑っていない
女性のことについて聞かない
気になる
とぼける
約束しない
いいえ

◆四章◆

手を繋がない
以前にもこんなことが

兄に話さない
お礼を言う
蒼のことを答える
どちらでもない

千代
頼まない
反論する
拒否する
自ら教える
傍にいて欲しい
いいえ
問題はある
戸惑う

◆五章◆

兄さんがいなくなるのは嫌だ
いいえ
はい
断る
笑う
臥待堂に行く
本を代えない
蒼の名前を呼ぶ
デバッカー
清掃員
助手

◆蒼の章◆

いいえ



蒼の章39-2回収

メニュー画面のCHAPTERより蒼の章を選択
言の葉は「蒼」「愛」を選択して開始
いいえ
いいえ
はい
はい
約束できる



トロフィー『千代』は永遠回収

メニュー画面のCHAPTERより五章を選択
言の葉は「千代」「永遠」を選択して開始
兄さんがいなくなるのは嫌だ
はい
いいえ
見えないものが見えるところ
喜んで
照れる
好き
怒る
臥待堂に行く
本を代えない
兄を見上げる
新聞配達
コンビニ定員
ウェイター
りこ
Admin:りこ

最初は自分が再プレイする時用の備忘録としてブログを始めたのですが、いつの間にか結構長い間続いてました。

攻略記事に関して何かありましたら該当ページよりコメントいただけると嬉しいです。