購入予定の乙女ゲー
下にあるものは大体攻略アップする予定です。

恋の花咲く百花園 感想

りこ
主人公は幽霊(たまに猫)に頼まれ恋花という不思議な花を咲かせつつ寂れた百花園を再興するっていう感じのお話ですが、これまでのTAKUYOさんによくあったミニゲームとかでなんやらかんやらを集めてノルマを達成しなきゃいけない訳でも無く、ただ普通に読み進めていくだけのゲームです。 正直こっちの方が楽でいい。 システム面はいつもと変わらずジャンプも出来るし凄く快適です! あとバットエンドがなく基本ほのぼのと進むのでそういった意味でも楽です。 ちょっとふしぎで優しい物語でした。 ちなみにこの作品の古臭さは狙っているらしいですけど、本当にどこか古いです。 でもなんか逆にそれがいい味を出しているかもしれないです。 そして柊二と猫太ルートがおまけに小説であるんですけど、小説なので立ち絵もなければ声も無くスチルも選択肢もありません。 正直攻略対象の4人のルートよりこっちの方が面白かったのでこれも本編に入れて欲しかったです。 猫太とのエンディングは特に好きです。 というかむしろこの2人のおまけが無かったら私の中での評価がもう少し低かった気がします……。

以下、ネタバレも含まれた感想となります

猫太ルートはそっくりなモデルが出てきたから、てっきりそのモデルが猫太の生まれ変わりか何かで最終的にそっちと融合してハッピーエンドになると思っていたのでまさか猫に生まれ変わるとは。 豊後も言ってたけどなんてまた猫?って思いましたが、でもいざ物語が終わってみると人間になってハッピーエンドよりこっちの終わりかたの方が好きだなーって思います。 あと柊二ですがあんなに人当りが良いのに植物にしか興味が無いとか色々と私好みのキャラで本当にこのルート欲しかった! タンポポ茶、牛乳入れたり、麦茶みたいにしたり色んな飲み方が楽しめると聞いた主人公が全部飲んでみたいって言ったら本当に全部作ってくれたりだとか、なんか凄く幸せそうで一番ほのぼのとしたお話でした。 というかこの人が一番乙女ゲーの攻略キャラらしい性格な気がするんですけど。
りこ
Admin:りこ

最初は自分が再プレイする時用の備忘録としてブログを始めたのですが、いつの間にか結構長い間続いてました。

攻略記事に関して何かありましたら該当ページよりコメントいただけると嬉しいです。