購入予定の乙女ゲー
下にあるものは大体攻略アップする予定です。

三国恋戦記~オトメの兵法!~ 雲長 攻略

りこ
雲長



※スペシャルにもスチルがあります。


~序章~


「年上で……」

「ちょっと陰がある人かな……」

(あれ? 今、何か落ちた音がしたような……)


~三顧の礼ならず~


(言う通りの方向に進んで大丈夫なのかな)

「規律のため、でしょうか……」

「雲長さん、ありがとうございます」

「献帝」(2周目以降)

「許」(2周目以降)

「郡」(2周目以降)

「太守」(2周目以降)

「孟徳郡」(2周目以降)

「ぐ、偶然うわさを聞いたんです」

「そんなに兵力に差があるんですか?」

(忘れちゃいそうだから、簡単におさらいしておこう)


~策~


「あ、あの、私は怪しい者じゃありません」

(玄徳さんに話す前に、誰かに相談してみようかな……)

(雲長さんに相談してみよう)

第一問***「元譲軍を葦原に誘い込むことです」

第二問***「敵の隊列の中ごろが葦原にさしかかったあたりです」

第三問***「四つです」

第四問***「南方に火の手が上がったら動いてください」

(何、してるんだろう、私。何をするんだっけ)

(しょうがないこと、なんだ)

「道ってなんのことですか?」

「そんな風には思えません」

(雲長さんは近くにいないかな)

Save1

(少し借りるくらいなら大丈夫かな……)

「でも、雲長さんになついてますよね」


~変わらぬ運命~


「私も雲長さんたちに賛成です」

(公玉さんの行動を監視すればいいんだ)

(雲長さんの部屋に寄ってみよう)

第一問***「敵軍の足を止めさせることです」

第二問***「少ない兵で効果を出すことです」

第三問***「伏兵が潜ませてあると勘違いさせるんです」

第四問***「玄徳さんが見晴らしのいい場所で休憩するんです」

第五問***「孟徳軍が城に入りきった時に罠を発動します」

「は、はい」


~曹孟徳~


「あなたは誰ですか?」

「少し、考えさせてください」

(……目を合わせないで通り過ぎよう)

「玄徳軍に戻りたいです」

「この本は、渡せません」

(大人しく言う通りにしたほうがよさそうだな)

「あ、あの、それじゃあ、私はこれで失礼します!」


~孫仲謀~


「…………すみません」

「師匠を捜してくるので、時間をください」

「貧相ってどういうことですか!」

「お願いです。玄徳さんたちを助けてください」

第一問***「水軍ですよね」

第二問***「公玉さんのことが参考になると思います」

第三問***「たしか、使用人の話の中に情報が……」

第一問***「孟徳軍を撤退させることが目的です」

第二問***「船がなくなった時だと思います」

第三問***「火です」

第四問***「孟徳軍の船を燃やしちゃう、とか……」

第一問***「火をちゃんとつけることだと思います」

第二問***「何か別の物から燃え移らせるのがいいと思います」

第三問***「船に隠れて近づくとか……」

第四問***「いえ、船は目立ってもいいと思います」

第五問***「降伏するふりをする仲謀軍の船です」

「私、雲長さんの船に移ります」

(雲長さんを助けたい)


~雲長~


「何が必要なんでしょうか?」

「どれもおいしそうですね」

(雲長さんを探しに行ってみよう)

Save2

(とにかく、本を使ってみよう)

第一問***「黄巾賊を町から追い出すことです」

第二問***「隙をついて、注意を別に向ける必要があります」

第三問***「襲撃します」

第四問***「黄巾賊の本拠です」

第五問***「数人で十分です」

(せめて、犠牲が少なく済むようにできないかな)

「どうすれば雲長さんは現代に帰れるんですか?」


~駒~


「……そんなはずないと思います」

第一問***「最初に零陵を攻めます」

第二問***「零陵の武将を罠にはめます」

第三問***「向こうが仕掛けてくるのを利用します」

第四問***「長沙、桂陽、武陵の三群を同時に落とします」

第五問***「必要ありません」

「もしかして、助けてくれたんですか?」

「いやです。私は雲長さんのそばにいたいです」


~侵攻~


「助けを求めます」

「仲謀軍に……」

Save3

(でも……)

Save4

「私は益州に行く必要はないです」

「あ、あの、待ってください」

「――本を、使ってください」

 ↓

ハッピーエンド







Save1より※ハッピーエンドを見た後


(でも、人のものだから貸すのは悪いよね)

「でも、雲長さんになついてますよね」


~変わらぬ運命~


「私も雲長さんたちに賛成です」

(公玉さんの行動を監視すればいいんだ)

(雲長さんの部屋に寄ってみよう)

第一問***「敵軍の足を止めさせることです」

第二問***「少ない兵で効果を出すことです」

第三問***「伏兵が潜ませてあると勘違いさせるんです」

第四問***「玄徳さんが見晴らしのいい場所で休憩するんです」

第五問***「孟徳軍が城に入りきった時に罠を発動します」

「は、はい」


~曹孟徳~


「あなたは誰ですか?」

「少し、考えさせてください」

(……目を合わせないで通り過ぎよう)

「玄徳軍に戻りたいです」

「この本は、渡せません」

(大人しく言う通りにしたほうがよさそうだな)

「あ、あの、それじゃあ、私はこれで失礼します!」


~孫仲謀~


「…………すみません」

「師匠を捜してくるので、時間をください」

「貧相ってどういうことですか!」

「お願いです。玄徳さんたちを助けてください」

第一問***「水軍ですよね」

第二問***「公玉さんのことが参考になると思います」

第三問***「たしか、使用人の話の中に情報が……」

第一問***「孟徳軍を撤退させることが目的です」

第二問***「船がなくなった時だと思います」

第三問***「火です」

第四問***「孟徳軍の船を燃やしちゃう、とか……」

第一問***「火をちゃんとつけることだと思います」

第二問***「何か別の物から燃え移らせるのがいいと思います」

第三問***「船に隠れて近づくとか……」

第四問***「いえ、船は目立ってもいいと思います」

第五問***「降伏するふりをする仲謀軍の船です」

「私、雲長さんの船に移ります」

(雲長さんを助けたい)


~雲長~


「何が必要なんでしょうか?」

「どれもおいしそうですね」

(雲長さんを探しに行ってみよう)

(とにかく、本を使ってみよう)

第一問***「黄巾賊を町から追い出すことです」

第二問***「隙をついて、注意を別に向ける必要があります」

第三問***「襲撃します」

第四問***「黄巾賊の本拠です」

第五問***「数人で十分です」

(せめて、犠牲が少なく済むようにできないかな)

「どうすれば雲長さんは現代に帰れるんですか?」


~駒~


「……そんなはずないと思います」

第一問***「最初に零陵を攻めます」

第二問***「零陵の武将を罠にはめます」

第三問***「向こうが仕掛けてくるのを利用します」

第四問***「長沙、桂陽、武陵の三群を同時に落とします」

第五問***「必要ありません」

「もしかして、助けてくれたんですか?」

「いやです。私は雲長さんのそばにいたいです」


~侵攻~


「助けを求めます」

「仲謀軍に……」

(でも……)

「私は益州に行く必要はないです」

「あ、あの、待ってください」

「――本を、使ってください」

 ↓

ハッピーエンド







Save2より


(とにかく、ここから逃げよう)

 ↓

繰り返すもの







Save3より


(ここを離れよう)

 ↓

一人ぼっちの帰り道







Save4より


「わかりました……」

 ↓

帰還


りこ
Admin:りこ

最初は自分が再プレイする時用の備忘録としてブログを始めたのですが、いつの間にか結構長い間続いてました。

攻略記事に関して何かありましたら該当ページよりコメントいただけると嬉しいです。