購入予定の乙女ゲー
下にあるものは大体攻略アップする予定です。

幕末恋華新選組 尽忠報国の士 山崎烝 攻略

りこ

注意事項

  • 幕末恋華新選組 尽忠報国の士 山崎烝ルート攻略ページです。
  • エンディングは1種類です。
  • 山崎烝・才谷梅太郎共通SAVEがある場合はそこからはじめて構いません。
  • CG ALBUMの最後2枚はSCENE REPLAY→山崎烝→No17エピローグ(追加)を見ると埋まります。

◆◇序章◇◆

「何なの…あの人?」

◆◇第一章 「新選組誕生」◇◆

藤堂平助
「すごく態度が大きい人」
山崎烝
「頑張ってくださいね」
芹沢鴨
「みんなのお蔭です」
原田左之助
「始末しちゃいますか?」
すごい服…
「自信ないなぁ」
すごい…芹沢さん!
「うん、そうだね」
「悪いのは長州です」
「由緒正しい名前ですね!」
「…はいはい」

◆◇第二章 「胎動」◇◆

近藤勇
「しょうがないですよ」
山崎烝
「探索班の手柄は揺るぎませんよ」
井上源三郎
「そうですね…」
山崎烝
「何とでもしてください」
「やっぱり変だよ」
「お茶を飲みますから」
「お酒を飲むと楽しいんですか?」
「なんだか型破りな人」
「そんなの変です」
「殺したのは別の人なのに?」

◆◇第三章 「臥竜鳴動」◇◆

近藤勇
「近藤さん、お目が高いから」
山崎烝・才谷梅太郎共通SAVE
山崎烝
「はい、分かりました!」
島田魁
「梅さんじゃないですか?」
才谷梅太郎
「梅さん、こんにちは」
「うう…何だかこわいよぉ」
「…ク、クラッとですか?」
早く世間の反応を知りたいな

◆◇第四章 「長州咆哮」◇◆

藤堂平助
「でも安静にした方がいいよ」
山崎烝
「目立つのを避けてるとか?」
武田観柳斎
「土方さんの部屋にいますよ」
斎藤一
「斎藤さんって…天才?」

◆◇第五章 「清新の気」◇◆

山崎烝
「負傷した隊士にあげてください」
藤堂平助
「へぇ~、すごいね」」
武田観柳斎
「そんなコト急に聞かれても…」
近藤勇
「いいえ、まだまだです」
「…はい!」

◆◇第六章 「慟哭」◇◆

山崎烝
「やっぱり頼りになりますから」
伊東甲子太郎
「そりゃあ新選組の副長ですから」
武田観柳斎
「よかったですね、武田さん」
斎藤一
「永倉さんって誰ですか?」
「あの、実は……」
「その人らしさが損なわれるなら」

◆◇第七章 「良順来訪」◇◆

近藤勇
「そうですね、とても快適です」
山崎烝
「お茶なら私が淹れますよ」
武田観柳斎
「それも時代の流れですよ」
「諦めるつもりですか?」
伊東甲子太郎
「強そうな人はいますか?」
「山崎さん…本当に女なんじゃ?」
武田に説明を頼む。
「こっちはたのしくありません」
「みんないい人たちですから」

◆◇第八章 「幕府凋落」◇◆

土方歳三
「大丈夫…ですよね」
山崎烝
「山崎さんこそ珍しいですね」
斎藤一
「また、泥沼の戦いですね…」
藤堂平助
「………」

◆◇第九章 「大喪の令」◇◆

山崎烝
「理想はそうなんですけどね」
伊東甲子太郎
「伊東さんてそっちの趣味が…?」
「いいじゃないですか」
山崎烝
「それなら期待できそうですね」
近藤勇
「もう何が何だか」

◆◇第十章 「友好的離脱」◇◆

山崎烝
「謹慎なんてへっちゃらです」
井上源三郎
「はい……」
永倉新八
「笑って、は無理かも…」
藤堂平助
「食べなきゃ大きくなれないよ?」

◆◇第十一章 「悲願成就」◇◆

山崎烝
「お昼寝でもしましょうか」
井上源三郎
「多分、お買い物だと思います」
山崎烝
「柄が少ない着物ですかね…」
永倉新八
「今日は原田さんと行きます」

◆◇第十二章 「霹靂」◇◆

山崎烝
「あると嬉しいですね」
島田魁
「山崎さん、スゴイなぁ…」
山崎烝
「そこがいいとこなんですけど」
原田左之助
「やってられませんね…」
「ええ、会いたいです」
「とにかく急ぎましょう!」

◆◇第十三章 「奸賊ばら」◇◆

山崎烝
「私もすごく悲しいです」
近藤勇
「近藤さん、お願いします」
「…まぁ、確かに」
「………!!!」

◆◇第十四章 「墨染」◇◆

山崎烝
「そろそろ立ち直りますか」
大石鍬次郎
「とりあえず伝えておきます」
井上源三郎
「道場にいるそうです」
土方歳三
「土方さん、体なまってますよ」

◆◇第十五章 「斜陽」◇◆

山崎烝
「土方さんを支えてあげなきゃ…」
「変わるなら…今ですよ?」
島田魁
「やっぱり私には無理です」
山崎烝
「ほぐしてもらえますか?」
井上源三郎
「死ぬ気で頑張りましょう」
りこ
Admin:りこ

最初は自分が再プレイする時用の備忘録としてブログを始めたのですが、いつの間にか結構長い間続いてました。

攻略記事に関して何かありましたら該当ページよりコメントいただけると嬉しいです。